監修 つかさ歯科クリニック

目立たない表側矯正

セラミックブラケット装置

矯正治療の中で、最もオーソドックスな装置はこのマルチブラケット矯正装置です。1本1本の歯にブラケットという装置を接着して、そこに弓形をしたワイヤーを通して、ワイヤーが元の形に戻ろうとする力を利用して歯を動かしていきます。ワイヤーの強さや形態を月に1回程度調整しながら、少しずつ歯を動かして理想の歯並びに近づけていきます。

マルチブラケット装置は、多数ある矯正装置の中で、最も歴史が長く、非常に信頼性の高い矯正装置です。治療の確実性・成果・治療期間において、これ以上の矯正装置は現在ないといっても過言ではありません。

セラミック製のブラケットは、歯の色に近いため、メタルブラケットに比べて、目立たずに矯正治療を行うことができます。装置が目立つのを気にされる方に適した装置です。

セラミックブラケット装置の利点と欠点

メリット
  • ​セラミックは、白色で歯の色とよくなじむので、表側矯正であっても、装置が目立たちません。
  • 外科的なアプローチが必要な症例を除いて、ほとんどの不正歯列に対応することができます。
  • 表側矯正は、歴史が深く、それだけ症例研究も多くなされており、十分な臨床実績があります。
デメリット
  • 金属製のメタルブラケットに比べると、装置自体の耐久性が劣るので、まれにセラミックブラケットが壊れることがある。

ブラケット矯正装置の治療期間

治療期間は、患者様の年齢・歯列や咬合の状態・矯正装置により大きく変わりますが、永久歯列期の治療期間は、2年程度が多いといえます。抜歯が不要な症例の場合は、半年~1年程度で終わる方もいらっしゃいますが、歯を大きく動かす症例は3年程度必要なこともあります。その後、歯が後戻りしないように保定する期間が必要です。

  • 抜歯不要、歯の移動量が少ない場合:半年~1年
  • 平均的な治療期間:1~2年
  • 歯の移動量が大きい場合:2~3年

保定装置と保定期間について

理想の歯並びを獲得したとしても、すべてが完了するわけではありません。動的な矯正期間が終わった状態は、歯根が動きやすい状態になっているので、何もしないでいると、歯が元の状態に戻ろうとする「後戻り」という現象が起きます。

この矯正治療後の後戻りを最小限にとどめるために、保定装置(リテーナー)を使用します。保定装置を装着することで、歯を矯正後の状態で固定し、歯並びがしっかりと安定させることが出来るのです。保定期間は通常約2年間です。

診療時間

 
午前09:30-13:00

午後15:00-19:30

△----火曜および金曜:午前9:30-13:00 / 午後14:30-19:00

▲----土曜:午前9:30-12:30 / 午後14:00-17:00

●----第1水曜、第3水曜のみ診療

休診日 :第2水曜、第4水曜・日曜・祝日

アクセス

阪神電鉄「鳴尾・武庫川女子大前駅」より徒歩5分。

電話でのお問い合わせ

0798-43-0160
診療時間
月・水・木   09:30-13:00 / 15:00-19:30
火・金         09:30-13:00 / 14:30-19:00
土曜日         09:30-12:30 / 14:00-17:00
休診日
第2および第4水曜日・日曜・祝日