監修 つかさ歯科クリニック

小児矯正

お子様の成長発育を考えた矯正治療

小学生の間に実施する歯列矯正治療は、「1期治療」あるいは「歯列育形成」と呼ばれる矯正治療であり、乳歯から永久歯へ生えかわっていく混合歯列期に行います。

この1期治療の目的は、綺麗に歯並びを整えることではなく、顎の成長をコントロールして、永久歯が正しい位置に生え揃うように誘導することです。そのための方法として「インビザライン・ファースト」を中心に、各患者様の不正咬合に最適な矯正装置を使用して治療をおこなっています。

2期治療は、すべての永久歯の位置を整えるため本格的な矯正です。永久歯が生え揃った段階でマウスピース矯正装置やブラケットワイヤー矯正装置を使った2期治療に入ります。2期治療の目的は、1期治療を経て生え揃った永久歯をきっちりと配列させ、しっかりとした咬み合わせをつくる仕上げの治療となります。なお、1期治療の結果が良好であれば、2期治療が不要となる場合があります。

小児矯正治療のメリット

永久歯を抜く可能性が減る

成長段階に応じて顎の骨を拡大させることで、永久歯が生え揃うスペースが確保できます。その結果、永久歯を抜歯することなく、2期治療(本格矯正)ができる可能性が高まります。

バランスの良い成長を促します

正常な発育を妨げる悪習癖を改善するとともに、正常な顎の成長を促す装置で、顔の発育バランスを整えることが出来ます。顔貌や顎の発育コントロールは、成長期の子供にしか出来ない治療です。

永久歯での矯正期間が短くなります

顎の成長をコントロールしたり、永久歯が正しい位置に生え揃うように誘導することにより、永久歯列になってから開始する2期治療(本格矯正)の期間が短くなったり、場合によっては必要でなくなります。 

 

小児矯正治療で使用する装置

インビザライン・ファースト

インビザライン・ファーストは、おもに小学生を対象としたマウスピース型矯正装置です。自分で取り外せることが出来るので、普段通りの食事や歯磨きができます。これまでの小児矯正装置とは異なり、「顎の骨の成長を促す」機能と「歯を動かしてキレイに並べる」機能を同時に働かせるというメリットがあります。

 
拡大床

床矯正装置は、拡大床とも呼ばれ、乳歯と永久歯が混在した混合歯列期に使用する取り外し式の矯正装置です。小児期は、顎の骨が成長発育途中にあります。この床矯正装置を装着することで、顎の骨の発育を促すことができます。その結果、歯列がしっかりと並ぶためのスペースができます。

 
 
顎顔面矯正装置

インビザラインファーストや床矯正装置には、取り外せるという大きなメリットがあります。しかし、自分で着脱できるがゆえに、お子様が矯正装置の装着をさぼってしまい、期待通りの効果が出ないという弊害も実際に見受けられます。そのため取り外し式の矯正装置ではなく、固定式の装置を使用する顎顔面矯正(急速拡大装置)を導入しています。

診療時間

 
午前09:30-13:00
午後15:00-19:30

△----火曜および金曜:午前9:30-13:00 / 午後14:30-19:00

▲----土曜:午前9:30-12:30 / 午後14:00-17:00

●----第1水曜、第3水曜のみ診療

休診日 :第2水曜、第4水曜・日曜・祝日

アクセス

阪神電鉄「鳴尾・武庫川女子大前駅」より徒歩5分。

電話でのお問い合わせ

0798-43-0160
診療時間
月・水・木   09:30-13:00 / 15:00-19:30
火・金         09:30-13:00 / 14:30-19:00
土曜日         09:30-12:30 / 14:00-17:00
休診日
第2および第4水曜日・日曜・祝日