監修 つかさ歯科クリニック

当院の特徴

口腔内スキャナーの導入

当院では口腔内スキャナー「iTeroエレメント2」を導入しています。iTeroはレーザー光によりお口の中を直接撮影して、歯列や咬み合わせの状態を3Dデジタルデータとして読み込む装置です。口腔内スキャナーを使用することにより、粘土のような印象材料を用いて行なう歯列の採得が不要になりました。特にインビザラインシステムにおいては、マウスピースを製作する際に必要な歯列の情報は、すべて口腔内スキャナーiTeroを用いて採得しています。およそ10分で上下の歯列データの取得するとができ、快適で精度の高い歯型の採得が可能となりました。口腔内スキャナーiTeroのもう一つの利点は、撮影した歯列データを元にして、矯正治療を受けた場合の完成予測をつくることが出来るという点です。

口腔内スキャナーの特徴

快適に

​今までは歯型を採る際に、粘土のような材料を口の中に入れて、硬化するまで一定時間待つ必要がありました。患者様によっては、えづいたり(嘔吐反射)、材料が少し喉の方に流れ込むなど、不快な思いをする場面もありました。しかし、口腔内スキャナーならそういった心配はありません。レーザー光を発するカメラで歯型を撮影していくので、今までよりも快適に歯型を採取することが可能になりました。

 
高い精度

​口腔内スキャナーは、粘土のような材料を用いて歯型を採取するアナログな方法よりも、精度の高い歯型を撮影することが出来ます。デジタル技術を用いたスキャニングは、誤差がほとんど生じないので、患者様の歯列にぴったりとフィットした精密なマウスピースを製作することが可能です。

 
スピーディ

インビザラインで使用するマウスピースを製作するためには、患者様の歯型をインビザライン社があるアメリカまで送付する必要があります。今までは歯型を航空便を使って空輸していました。そのため治療計画シミュレーションであるクリンチェックが完成するまで、およそ1か月程度の期間がかかっていました。しかし、口腔内スキャナーのiTeroによるデジタルデータは、即時に歯型のデータを送付できるので、治療計画の完成までの時間を大幅に短縮する事が可能になりました。その結果、マウスピースが完成するまでの待ち時間を大幅に短縮でき、治療もスムーズに進めることが出来ます。

簡易シュミレーション

最新の口腔内スキャナー「iTeroエレメント2」を導入した矯正治療の簡易シュミレーションを実施しています。患者様の歯型をカメラでスキャンしたうえで、デジタルデータ化します。そのデータを元に内臓シュミレーターで、矯正治療後の3Dイメージを作成することができます。「矯正治療を受ければ歯並びはどう変化するのか」「抜歯と非抜歯では、歯並びにどんな違いがでるのか」など矯正治療のシュミレーション結果を患者様の目でご覧いただくことができます。

※簡易シュミレーションはあくまで予想であり、実際の治療結果を保証するものではありません。

診療時間

 
午前09:30-13:00
午後15:00-19:30

△----火曜および金曜:午前9:30-13:00 / 午後14:30-19:00

▲----土曜:午前9:30-12:30 / 午後14:00-17:00

●----第1水曜、第3水曜のみ診療

休診日 :第2水曜、第4水曜・日曜・祝日

アクセス

阪神電鉄「鳴尾・武庫川女子大前駅」より徒歩5分。

電話でのお問い合わせ

0798-43-0160
診療時間
月・水・木   09:30-13:00 / 15:00-19:30
火・金         09:30-13:00 / 14:30-19:00
土曜日         09:30-12:30 / 14:00-17:00
休診日
第2および第4水曜日・日曜・祝日