監修 つかさ歯科クリニック

パナシールド

小児期の受け口矯正用装置

パナシールドは、小児期の受け口(反対咬合)の改善に有効な矯正装置です。マウスピース型の矯正装置をお口の中に入れることで、舌が下がっているなどの悪習癖を改善し、筋機能のバランスを整えることで顎・歯列の正しい成長発育を目指します。プレオルソといったマウスピース型矯正装置と同様に、歯を直接的に移動させるのではなく、歯並びを悪くしている原因(口の周りの筋肉)を改善することで、間接的に歯並びを改善します。

反対咬合の改善に

生後6か月程度経過すると下顎の前歯が生え始めて、3歳頃になると乳歯20本がすべて生え揃います。この時期に見受けられる不正咬合の代表は、反対咬合(受け口)です。

小児期の段階では、筋のバランスのズレによって起こる反対咬合や、乳歯の早期脱落や乳犬歯の早期接触などにより引き起こされる反対咬合が少なくありません。

乳歯列期では、下顎の位置は固定的ではなく成長によって変化していきます。したがって、早期に治療を開始することにより、改善の効果が期待できます。

パナシールドの開始年齢

乳歯列期の3歳程度から、受け口の治療を開始できます。お口の中にマウスピース型の矯正装置であるムーシールドを入れて、舌や口の周りの筋肉のバランスを整えることで咬み合わせの改善を目指します。治療期間の目安はおよそ1年です。ただし、お子様がきちんと矯正装置を使用しない場合は、治療期間が延長します。矯正期間中は1ヶ月に1回程度、経過観察のためにご来院いただきます。

パナシールドの使用方法

パナシールドは、基本的に就寝時に使用します。装着開始後しばらくの間は、起床時にお口から外れていることもありますが、通常は徐々に慣れていきます。日中もテレビを見ている時間などに使用すれば、口腔周囲筋のトレーニングになります。マウスピース型の矯正装置は、自分で取り外せるという大きなメリットがありますが、患者様自身が決められた時間、装置を装着しけなければ治療が進まないので注意が必要です。使用後は、流水で良くすすぎ専用のケースで保管して下さい。軟性素材なので、床矯正装置との併用が可能です。

パナシールドの効果

低舌位の改善

舌の姿勢位を正しい位置に誘導することで低位舌を改善して、下顎に加わる舌圧を排除して、舌と顔面の筋群による筋機能のバランスを整える。

上顎の前方誘導

反対咬合のお子様は、上唇の圧力が通常より強いので、パナシールドを装着することにより、上口唇圧を排除することで上顎前歯の前方誘導を促します。

鼻呼吸の獲得

口唇閉鎖力を向上させ、鼻呼吸を獲得します

診療時間

 
午前09:30-13:00
午後15:00-19:30

△----火曜および金曜:午前9:30-13:00 / 午後14:30-19:00

▲----土曜:午前9:30-12:30 / 午後14:00-17:00

●----第1水曜、第3水曜のみ診療

休診日 :第2水曜、第4水曜・日曜・祝日

アクセス

阪神電鉄「鳴尾・武庫川女子大前駅」より徒歩5分。

電話でのお問い合わせ

0798-43-0160
診療時間
月・水・木   09:30-13:00 / 15:00-19:30
火・金         09:30-13:00 / 14:30-19:00
土曜日         09:30-12:30 / 14:00-17:00
休診日
第2および第4水曜日・日曜・祝日